お散歩ツアー「田原地区の石造物を巡る」報告

なんだかスッキリしない天気が続いていますね。梅雨が無い方がいいですが、作物の事
を考えると必要なんですよね。田んぼの稲もだんだんと大きくなってきて田んぼの緑が
綺麗になってきています。

今回は、お散歩ツアー「田原地区の石造物を巡る」を開催しましたので、報告します。
出発地点は、プロ野球ロッテのキャンプ地でもあり、女子サッカーのオフカ鴨川FCの
ホームグランドでもあります、鴨川市総合運動場からスタートです。

まずは、加茂川を渡り太尾にある滝山寺へ。

真言宗智山派の寺院で、本尊は不動明王です。創立年代は不明ですが、天文9年(1530)
室町時代の棟札があり、「安房国長狭郡寺院明細帳」は、慶長13年(1608)安土桃山時代、
滝山寺再興を伝えていて、また、薬師堂に安置されている釈迦如来立像と薬師如来立像は
13世紀後半の作といわれることから、滝山寺は中世すでに建立されていた寺院だといえ
るそうです。
お寺には、昭和51年(1976)に鴨川市文化財にしていされた棟札6枚と薬師如来像・釈迦
如来像があいます。もう一つ指定された、薬師堂の縁日のにぎわいを描いた宝暦10年
(1760)銘の「諸人参詣の図」と「街道殷賑の図」という絵馬が2枚奉納され、本堂に掲げ
られていました。この絵馬には、参詣する人々の姿や街道に屋台店を広げる商人、それに
踊りやなどを披露する大道芸人が描かれていたそうで、風俗を描いた絵馬は県下でも数が
すくなく、当時の風俗を知るのに貴重なもとされ指定されたのですが、平成元年(1989)
11月9日の本堂の火災で焼失してしまったそうです。

薬師堂です。

こちらの木造薬師如来立像は、13世紀後半の作であろうという事です。
像高は、163cm、両手先は欠損しているので印相は不明です。特徴は、頭髪は一般的な
螺髪ではなく縄状の髪型をしています。京都・清涼寺の釈迦如来と同じ形式だそうです。

今回は、拝見する事はできませんでしたが、なにか拝見できる機会があったら、見たいもの
です。

薬師堂の下に降りると、鴨川石造物百選に選ばれた地蔵菩薩があります。

享保13年(1728)に鈴木作佐衛門を本願人とする念仏講の人たちによって造られました。
石材は、地元嶺岡山系で産出する蛇紋岩を用いていて、頭部に比べて、腰から下が短すぎる
ため、全体として四頭身に近い姿になっています。イボを治してくれるご利益があるとされ、
「イボ地蔵」として地元の人たちに親しまれています。

境内には、他にも嘉永6年(1852)の子安講中や元禄元年(1688)の六地蔵があります。

滝山寺を後にし、来秀五輪塔群へと向かいます。
途中、道の脇の草むらに霊神様と書かれた石があります。

この石造物は、歩いてるだけでは見逃してしまうのですが、下見に訪れた際に石造物の周辺
で「ガサガサ」という音がしてそこを見たら、この石造物がありました。なにか見つけて欲し
かったのでしょうか?

霊神様から少しいくと、来秀五輪塔群があります。

こちらは、小林家が、周辺に散在していたものを集めて供養したといいます。
石を積み重ねた形式のものが4基・舟形に五輪塔1基を浮彫にしたものが26基・2基を並べて
浮彫にしたものが2基、総数32基あります。南房総板碑型に属し、室町時代後期であり、地元
嶺岡の蛇紋岩で造られています。記年銘が確認されているものが4基あり、最も古いものに「永
正五年戊辰三月十八日」「青壽」とあり、戦国時代に造られたものだとわかります。
先に行った滝山寺の天文9年(1540)の棟札に、仏像の奉納者として鈴木出羽守・滝山飛騨守・伊
丹伊勢守・鈴木伯耆守などの名がみられ、これらの人物は官名を名乗るところから、当時この地
を支配していた土豪と思われ、来秀の32基の五輪塔は、彼らの家族や一族の供養塔か墓標として
造られたものだと考えられています。

谷を越えて次に向かったのは、満光院です。

真言宗智山派の寺院で山号は西方山。本尊は不動明王です。
創建の年は明らかではありませんが、「寺院明細帳」によれば、正徳元年(1711)6月に焼失し、
享保元年(1716)に源祐法印という僧が再建して中興第一世になったといいます。
明治7年(1874)来秀村・川代村・大里村を一学区として来秀小学校が開設されたとき、満光院
が仮校舎として使用されました。
長狭観音巡礼第16番で、如意輪観音がありましたが、数十年前、盗難にあってしまったそうです。

境内には、享保12年(1727)湯殿山碑・正徳3年(1713)の青面金剛・文化4年(1807)光明真言塔
などがあります。

次は、お隣の天満神社へ。

祭神は藤原道真。通称は天神様。別当寺は満光院。
創建の年や由緒は明らかではありません。貞享4年(1687)に領主保科正静から天神免田の寄進が
あったとされています。拝殿の「龍」の彫刻は、弘化4年(1847)三代武志伊八郎信秘の作です。

こちらの手水鉢は可愛らしい。

水盤に亀4匹と子供が添えられています。

子供たちが亀を覗いているのでしょうか?なかなかユーモアがあります。職人の遊び心かしら
と思ってしまいます。

ここですこし、この地の事をお話ししました。
来秀及びその周辺地区には、6500年ほど前の縄文時代早末期から前期にかけての時代に
人々が住みはじめ、その生活の痕跡として縄文土器や石鏃が見つかりました。平成8年の
調査では、遺物のみで住居跡などの遺構は発見されませんでしたが、数千年前の一時期に満
光院や天満宮のある台地上で、石器時代人が生活していたと思われます。その後、人々は
なにかの理由で他に移動したのか、生活の痕跡はみられなくなったそうです。
長い年月を経て、古墳・奈良・平安時代に入ると、人々の生活の営みがはじまったそうです。
今回の調査で、8世紀から10世紀ころと思われる奈良・平安時代の竪穴住居の跡が発見され、
当時使われていた素焼きの土器や大陸伝来の技術をもって製作された硬質の須恵器が多く出土
しました。遺物の中には、糸を紡ぐための紡錘車や鍛冶に使用したフイゴの羽口、それに鉄を
取り出したあとの鉄滓なども発見されました。
11世紀から13世紀ころの平安末期・鎌倉時代の掘立柱の建物跡が発見され、柱穴が重複し
ているので何度か建て直しながら使われたものと考えられます。掘立柱を使っているので、土
豪層の屋敷跡だと考えられます。
想像するとワクワクしてきます。鎌倉時代とかどんな感じだったのかな?

さて、次に向かいます。次は、来秀共同墓地にある虫供養塔(鴨川の石造物百選)です。

嶺岡産の蛇紋岩を利用しています。上部の蓮座が浮彫りにされ、月輪(円形)を表現しています。
中に薬研彫りで胎動界大日如来の梵字アーンクが刻まれてあり、下半部に虫供養塔と天明元年
と刻まれています。
県内各地に虫送りの行事が伝わっています。この塔からは、五穀成就のため村をあげて害虫駆除
が行われたこと、駆除された虫たちの鎮魂儀礼が営まれたことがわかります。日付は「霜月吉穀旦」
とあり、収穫が終わった11月に虫の供養と豊穣への感謝の気持ちを造塔へ現したのだと思われます。

他にも9人の子供が彫られている子安地蔵尊があります。

わかりますか? 楽しそうなお顔をしていました。

次は、遠目から真福寺へ大里八幡神社の説明をして集合場創へと戻ります。
雨も降らず、曇り空だったので、暑くもなく楽しく半日を歩く事ができました。

コメントは受け付けていません。